昨日、仕事初日でした。

まず、門のところまで派遣担当者に送ってもらって、現地責任者と待ち合わせをし、仕事場に案内されました。

「おお!久しぶりのオフィス!」

なんか新鮮でした。

まずは、諸手続きをした後に、仕事の話になりました。

システム構成図、フローチャートなどを渡されて、説明をされました。

作っている(直している)ものは、前にも書きましたが、福祉関連のシステムです。

(仕事の詳しい内容については、守秘義務があるので詳しくは書けませんのでご了承ください)

説明をされましたが、何をやろうとしているのか、分かりやすかったです。

さすがに福祉のシステムだからこそですね!

元々私は福祉の仕事をしていたので、多少は介護保険などに関する知識はあるわけで、

まあ、理解できなければ、介護福祉士を名乗れなくなってしまいますね(^^;)


しかし、オペレーション内容が膨大!

これをすべて理解するのは並大抵のことじゃないやとも思いました。

しかし、関連分野の知識はあるので、とても入り込みやすい状況でした。


とりあえず、実際のソフトを資料を見ながら動かしつつ、どうような機能があるのかをざっとオペレーションしてみました。

そして、とりあえずこの部分のプログラム改修をお願いするということで、本当に簡単な部分を渡されました。

「後ほど仕様について、説明しますから」

と、言われ、その後、自由にいじらせていただいたのですが、

先に下調べできるところはしておいたほうが、説明する側も話が早くなると思いまして、

オペレーションに慣れつつ、問題箇所を探しつつ、ついでにテストデータまで作ってしまいました。

「飛ばしすぎかな?」

頼まれた改修については、簡単なことなので、昔の私なら2時間もあれば終わってしまうくらいの量だと思います。

ただ、言語とツールを使いこなせればの話ですが・・・この部分は、来週にソースを見せてもらうので、その時に、ソースを見ながら、リハビリって感じになりそうです。


就業終わりの頃に、責任者の方が来て、とりあえず、やったことを報告して、方向性が間違っていないか確認をしました。

「すばらしい!」

そう言ってもらえて、ちょっと嬉しかったです。

まだ初日だからわかりませんが、

「福祉のシステムなので、やりがいがあって面白そうです」

そう答えました。

実際に、関わっていた分野のシステムを作るのは、やりやすいと思います。


ただ、実際に福祉的知識があっても、システム開発自体ができるわけではありません。

データベースとのやりとりを一つとっても、今までやったこのない方法で行っているので、

調べなければいけないことが山積みです。

しかし!これらの技術をモノにしたとき、これからの仕事の幅が広がり、

他の仕事でも使えますので、ここは新しいことは貪欲に自分のものにすることをしていきたいです!


しかし、問題点があります。

体力です・・・

昨日はそんな負担は感じなかったにも関わらず、朝起きれず、もうこんな時間になってしまいました。

気がつかないところで、体力と精神力を使ってしまっています。

これも今後の課題ですね。


確かに、精神科に5ヶ月入院。4ヶ月自宅療養。そこからいきなり残業付きフルタイムで働くのはあまり前例が無いと思います。

でも、それがしっかりできたら、嬉しいです!


なんにせよ、やりがいがあるので、スキルアップや契約延長も取れる可能性は高いので、

折角のチャンスだと思って仕事をしていきたいと思います!


仕事っていうと固くなるので、楽しくスキルアップ!気楽に開発!

こんな気持ちでやっていきたいと思います。


なんにせよ、福祉の仕事をしていた6年間が役に立って良かったです・・・

あとは、プログラマーとしての感覚を取り戻すことに力を入れていきたいと思います(^^)